【MLB】筒香嘉智が金属バットの弊害について言及 野球指導者らとオンラインで懇親

【MLB】筒香嘉智が金属バットの弊害について言及 野球指導者らとオンラインで懇親

【MLB】筒香嘉智が金属バットの弊害について言及 野球指導者らとオンラインで懇親
約60人の参加者と「野球界の未来について」語り合うオンラインイベントに参加したパイレーツ・筒香嘉智 パイレーツの筒香嘉智内野手が8日、オンラインイベントに参加し、約60人の指導者らと野球界の未来について語り合った。その中で筒香は打球が飛びすぎる金属バットがもたらす弊害について言及。今後の日本球界を支える子どもたちの成長を考えるのであれば、1日も早く「バットの太さや重さではなく、反発係数の規定を設けるべき」と提言した。 【画像】「奥様綺麗すぎ」と大反響… マリナーズ・菊池雄星の隣でタイトドレスで微笑む瑠美夫人の美貌  かねてより著書を発行したり、外国人記者クラブで会見を行ったり、「子どもたちの未来のために野球界は変わるべき」と声高に訴えてきた。その甲斐もあってか、小中学生を巡る野球事情は少しずつ変化。全国各地で「子どもたちの健康を守りながら、将来大きく開花するように育てよう」という志を持つ指導者が増えてきた。  例えば、投球数に関して言えば、中学硬式野球では1日80球(2日で120球)、学童軟式野球では1日70球といった上限が設けられ、エースが1人で完投するケースは激減。より多くの