【資金不足】大谷翔平、FAで契約400億円の年俸はエンゼルスには払えない…移籍、トレードの可能性

【資金不足】大谷翔平、FAで契約400億円の年俸はエンゼルスには払えない…移籍、トレードの可能性

打って46本塁打、投げて9勝。

かのベーブ・ルース以来の本格的な二刀流でMVPを獲得し、

全米中から注目された昨季の大谷翔平(27=エンゼルス)。

今季もシーズンが始まる前から

日米で脚光を浴びているものの、

エンゼルスのお膝元である地元ファンの関心は

「大谷よりトラウト」だという。

マイク・トラウト(30)とは、

メジャー12年目の生え抜きで、

通算打率.305、310本塁打、816打点。

過去にMVPを3度獲得したスラッガーだ。

「オオタニより信頼できる」

米メディア「The Athletic」が

エンゼルスファンに向けたアンケートを行ったところ、

チーム全体の人気調査ではトラウトが51.3%、

大谷は28.9%にとどまったとか。

2022年シーズンでチームへの貢献度がより高いのは

どちらかという二者択一の質問では、

トラウトが62.3%を記録したという。

同メディアは「トラウトはおそらくオオタニよりも

信頼できる打者だ。(外野)守備もうまい。

そして人を引き付けるクラブハウスリーダーだ。

球界で最も価値ある選手」とつづっている。

大谷はメジャー6年目となる来季中にFA権を取得する。

エンゼルスはいまのうちに大谷と長期にわたる

再契約を結ぶべきと提言する米メディアも中にはあるが、

現時点でのトラウトと大谷に対する評価の差異が

大谷の契約問題に影響するともっぱらだ。

エンゼルスはすでにトラウトと30年まで

総額約490億円の12年契約を結んでいる。

加えて中軸打者のレンドン(31)とも、

19年オフに26年まで7年約279億円の大型契約を交わした。

ともに年平均で40億円前後、

エンゼルスは2人合わせて毎年80億円程度の給料を

払い続けなければならないのだ。

先発2人と交換

大谷がFA権を取得した場合、

総額400億円程度の契約になるともいわれる。

◆関連動画

【海外の反応】大谷翔平、37号弾丸ホームランに絶叫する少女ファン歓喜する姿が可愛い!現地映像ファン「MVPコール」ファンサービス神対応

【海外の反応】大谷翔平、オールスターで同級生・小原大樹と再会!インタビュー後の神対応がファン熱狂「おちゃめでかわいい」賞金をスタッフに配る性格は昔から…

【海外の反応】大谷翔平、相手投手から暴言を吐かれる…オッタビーノに批判集まる!トラッシュトーク「誕生日おめでとう!XXX!」大谷シフトでサヨナラヒットが…

【海外の反応】大谷翔平、球団スタッフへの神対応!オールスター、ホームランダービーの賞金を寄付…エンゼルスファン超感動!

【韓国の反応】日本の大谷翔平と韓国選手のファンサービスの違い…32号ホームランだけじゃない人間性、現地エンゼルスファン、少年少女にも神対応

#大谷翔平契約
#ShoheiOhtani
#大谷翔平移籍

パラリンピックカテゴリの最新記事