【不良債権】エンゼルスと大谷翔平の延長契約に影響するレンドンとの283億円。トレードか移籍で放出で年俸に余裕を

【不良債権】エンゼルスと大谷翔平の延長契約に影響するレンドンとの283億円。トレードか移籍で放出で年俸に余裕を

大谷翔平投手の所属するエンゼルスは

今季プレーオフに進出できるのだろうか。

その行方を左右しそうな選手の1人が

アンソニー・レンドン内野手。

2020年に7年総額2億4500万ドル(約283億3000万円)の

大型契約で加入しながら、

移籍後は目立った成績を残せておらず、

レンドンの復活が鍵と見る米メディアも多い。

米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」では

エンゼルス担当のサム・ブラム記者がファンの疑問に

答える形で記事を掲載。レンドンが“不良債権”と

化さないか不安に思うファンの質問に対し、

ブラム記者は「アンソニー・レンドンには、

まだ多くの時間が残ってる。

だが、私はあなたに心配しなくていいよとは言えない。

私がファンだったら、間違いなく心配だと思う」と回答した。

レンドンは移籍1年目の2020年は52試合で

打率.286、9本塁打をマーク。昨季は故障を繰り返し、

8月には手術も受けた。

結局、58試合の出場で打率.240、6本塁打34打点と

キャリア最低の成績に終わった。

ブラム記者は「通常、選手と大型契約を結ぶ場合、

最初の数年に、彼らが大活躍することを期待する。

彼らが年を取って、衰えるかもしれないが、

それはビジネスにはありがちなコスト。

レンドンの場合は契約後の最初の2年で、

結果を出せなかった」と指摘している。

ただ、移籍3年目となる今季について

「彼が優れた選手になる可能性は十分ある」と、

復調する可能性も示す。

「現時点で2022年に彼が得る3650万ドル(約42億2100万円)に

値するプレーができるとは思えない」としながらも

「僕が間違っていたと、彼が証明する可能性はある」

と記している。

昨年、大谷翔平が終盤本塁打を増やせなかったのは、

後ろを打つトラウトがいなかったからとも

言われているが、逆に、トラウトの後ろを

打つ選手が非力だと今度はトラウトか

勝負を避けられて数字を伸ばせないと言うことになる。

だから、大谷翔平とトラウトの2枚看板が共に活躍して

いい成績を残すには、4番5番打者が鍵になる。

今のところ、レンドンの可能性が高いし、

次にウォルシュが続くだろうけど、

レンドンが復活してもらわないと本当に困る。

レンドンがうまくいけば、

昨年のブレージェイズ打線みたいに、

20本以上が何人も出たり、100打点か3人もいたりと、

線が繋がり、全員の成績が良くなる。

大谷翔平もホームラン46本も打って最終戦にやっとのこさ

100打点に届いたくらいだから、普通、40本も打てば、

120打点とか超えるはずだから、

いかにチーム状態が悪かったか?

投げても10勝目に届かなかったか?が分かる。

◆関連動画

【海外の反応】大谷翔平、37号弾丸ホームランに絶叫する少女ファン歓喜する姿が可愛い!現地映像ファン「MVPコール」ファンサービス神対応

【海外の反応】大谷翔平、オールスターで同級生・小原大樹と再会!インタビュー後の神対応がファン熱狂「おちゃめでかわいい」賞金をスタッフに配る性格は昔から…

【海外の反応】大谷翔平、相手投手から暴言を吐かれる…オッタビーノに批判集まる!トラッシュトーク「誕生日おめでとう!XXX!」大谷シフトでサヨナラヒットが…

【海外の反応】大谷翔平、球団スタッフへの神対応!オールスター、ホームランダービーの賞金を寄付…エンゼルスファン超感動!

【韓国の反応】日本の大谷翔平と韓国選手のファンサービスの違い…32号ホームランだけじゃない人間性、現地エンゼルスファン、少年少女にも神対応

#大谷翔平契約
#ShoheiOhtani
#大谷翔平チームメイト

大谷翔平カテゴリの最新記事