【東建ホームメイトカップ】2022年 1st.Round 予選1日目ダイジェスト|YouTube動画

【東建ホームメイトカップ】2022年 1st.Round 予選1日目ダイジェスト|YouTube動画

【東建ホームメイトカップ】2022年 1st.Round 予選1日目ダイジェスト|YouTube動画

2022年3月31日 予選1日目のダイジェストをお送りします。

【地元で初優勝ねらう上井邦裕選手が初日トップタイ】

 例年よりも開催時期が2週間早まり、満開を迎える桜の下でスタートした「JAPANゴルフツアー開幕戦 東建ホームメイトカップ」の初日。コンディションは朝の微風から午後になるにつれて北風が強くなり体感温度が下がる花冷えの一日でした。

 午後スタートの不利をはねのけてトップタイで初日を終えたのは地元愛知県の上井邦裕選手です。風の中でスコアを伸ばせた要因はティーショットを狙った場所に運べたこと。狙っていた3つのパー5はイーグル、バーディー、バーディーでこれ以上ない結果。1イーグル、5バーディー、1ボギーの6アンダー・65をマークしたプロ18年目、39歳のベテランが悲願のツアー初優勝に向けて最高の位置につけました。

 上井選手と同じ6アンダーでトップに並んだのは昨年の「ブリヂストンオープン」でツアー初優勝を飾った杉山知靖選手です。同選手は出だしの1番こそボギーとしたものの、上がりの2ホールで1ピン、2ピンの長いバーディーパットを沈めるなど好調なパッティングを武器に1ボギー、7バーディー。こちらもツアー2勝目に向けて幸先のいいスタートを切りました。

 トップの2人を追うのはフレッシュな顔ぶれです。1打差5アンダーで3位タイにつけたのは、2020年「三井住友VISA太平洋マスターズ」で初優勝した香妻陣一朗選手(27歳)、同じく昨年「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ」で初優勝の片岡尚之選手(24歳)、そして2021年のQTで7位タイに入った岩崎亜久竜(いわさきあぐり)選手(24歳)ら4人。また、2打差4アンダーの7位には今大会がプロデビュー戦、今月22歳になったばかりの河本力選手が続いています。

 この他、3アンダー8位タイに宮本勝昌選手、谷原秀人選手の両ベテラン。5ヵ月振りの石川遼選手は1アンダー35位タイから上位をうかがいます。

 初日以上の強風が予想されている2日目は、ベテランの技が勝つのか、それとも若手の勢いが勝るのか、いずれにせよ目の離せないゲームとなることは間違いありません。

■ゴルフトーナメント開幕戦【東建ホームメイトカップ】
https://www.token-cup.com/

【PR】
賃貸物件(賃貸マンション・アパート)&お部屋探し情報満載
『ホームメイト』はこちら
​​https://www.homemate.co.jp/

家具・家電・生活雑貨の通販サイト
『ハートマークショップ本店』はこちら
https://www.heartmark-shop.com/

土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、
土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!
『東建コーポレーション』はこちら
https://www.token.co.jp/

ゴルフカテゴリの最新記事