【関大サッカー】天皇杯第102回全日本サッカー選手権1回戦:関西大学がFW百田の2得点でアルテリーヴォ和歌山を4-2で下す!深澤主将「セレッソ大阪と戦うのが目標ではなく倒すのが目標」

【関大サッカー】天皇杯第102回全日本サッカー選手権1回戦:関西大学がFW百田の2得点でアルテリーヴォ和歌山を4-2で下す!深澤主将「セレッソ大阪と戦うのが目標ではなく倒すのが目標」

天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権の1回戦が5月21日、紀三井寺陸上競技場で行われ、大阪府代表の関西大学はFW百田真登(経済学部3年)が2得点の活躍でチームをけん引し、アルテリーヴォ和歌山を4-2で下して2回戦進出を決めました。

1回戦突破を果たした関西大学は、6月1日午後7時からヨドコウ桜スタジアムで行われる2回戦でセレッソ大阪と対戦します。

本動画は、1回戦の模様と応援スタンドの様子、試合後の前田雅文監督(関西大学サッカー部)、深澤佑太主将(社会学部4年)、百田、そして一柳拓海(経済学部3年)のインタビューを収録しています。

<出演者>
前田雅文(関西大学サッカー部監督)5:35~
深澤佑太 主将(関西大学サッカー部・社会学部4年)10:59~
百田真登(関西大学サッカー部・経済学部3年)16:08~
一柳拓海(関西大学サッカー部・経済学部3年)0:58~、5:02~、21:00~

<取材・インタビュー>
永冨慎也(関西大学スポーツアドミニストレーター)

<記事(関西大学「スポーツ振興センター」HP)>