初めての海釣り 川釣り 用具購入ガイド ロッド竿/シーバスロッド 購入ガイド おすすめ人気ランキング10選

初めての海釣り 川釣り 用具購入ガイド ロッド竿/シーバスロッド 購入ガイド おすすめ人気ランキング10選

初めての海釣り 川釣り 用具購入ガイド ロッド竿/シーバスロッド 購入ガイド おすすめ人気ランキング10選

海釣りとは

海釣りとは、海で釣りを楽しむことを指します。

鯛やカレイ、イサキ、マグロ、アジ、サバ、シーバスなど、釣り人が釣りたいと思う様々な魚が海に生息しているので、それらを狙うために船に乗って沖に出ることもあります。

また、釣り人の中には、浜辺から荷物を持って釣り糸を垂れ下げるショアジギングという釣法を楽しむ人もいます。

海釣りは、魚を釣るだけでなく、自然と向き合い、解放感を味わえる魅力があります。

シーバスとは

シーバスとは、スズキ科の魚の一種で、日本では「スズキ」と呼ばれることもあります。

成魚になると全長60〜70cmに達し、体重も3〜4kgになることがあります。

沿岸部を中心に分布しており、岩礁や沈木、エビや小魚などが生息する場所に多く生息しています。

スポーツフィッシングの対象魚の一つで、強靭な引きとジャンプが特徴的です。

ロッド竿とは

ロッド竿は、釣り糸を引っ張って魚を釣る際に、手で持って操作する釣り竿のことです。

ロッドとも呼ばれます。

竿の素材には、グラスファイバーやカーボン素材があり、それぞれ特性が異なります。

また、釣りの種類によって、柔らかいものや硬いもの、短いものや長いものなど様々な種類のロッド竿があります。

釣り人は、釣りの種類や狙っている魚のサイズなどに合わせて、適切なロッド竿を選ぶ必要があります。

シーバスロッドとは

シーバスロッドとは、海釣り用のロッドの一種で、主にシーバスをターゲットとした釣りに使用されます。

シーバスは、波打ち際や岩場などに潜む強靭な魚種であり、シーバスロッドはそのような厳しい状況にも耐えうる強度や操作性を備えた設計になっています。

一般的には、ライトタックルからミディアムタックルに分類され、ルアーフィッシングによるジギングやテクニカルキャスティングなどに使われます。

シーバスロッド種類

シーバスロッドには、以下のような種類があります。

  1. ショアジギングロッド:ショアからのジグヘッドやメタルジグなどでのオフショア釣りに適しています。
  2. キャスティングロッド:ベイトリールを使用した遠投を得意とするロッドで、遠くにいるシーバスを狙うのに最適です。
  3. ロックフィッシュロッド:岩場や地形に近づいてのシーバス釣りに適しています。
  4. ライトゲームロッド:軽量のミノーやワームを用いたショアからの釣りに適しています。
  5. エギングロッド:ショアからのエギングに適したロッドで、エギを自然な動きで演出することができます。

これらの種類の中から、釣りのスタイルや釣り場に合わせた適切なシーバスロッドを選ぶことが大切です。

シーバスロッド 選ぶ特のポイント

シーバスロッドを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  1. 長さ・テーパー
    シーバスロッドは、一般的に7~9フィート(2.1~2.7メートル)程度の長さがあり、テーパー(竿の太さ)が特徴的です。軽めのルアーを使う場合は柔らかめのテーパー、重いルアーを使う場合は硬めのテーパーを選ぶと良いでしょう。
  2. ラインウェイト
    竿に適したライン(釣り糸)の太さを「ラインウェイト」と呼びます。シーバスロッドの場合、8~30ポンド程度が一般的です。釣り場やターゲットとなる魚種に合わせて、ラインウェイトを選びましょう。
  3. ハンドル
    シーバスロッドには、キャスティング(投げ釣り)用のクランクハンドルと、ジギング(立ち釣り)用のストレートハンドルの2種類があります。自分の釣りスタイルに合ったハンドルを選びましょう。
  4. 竿の素材
    シーバスロッドの素材には、グラスファイバーやカーボンファイバーが使われており、それぞれ違った特徴を持っています。耐久性としなやかさを求めるならグラスファイバー製、軽さと強さを求めるならカーボンファイバー製を選ぶと良いでしょう。
  5. テストキャスト
    予算に余裕がある場合は、店舗でテストキャストを試してみるのも良いでしょう。実際にロッドを使って好みの操作感を確認することができます。

シーバスロッド アマゾンランキングで10選を紹介